この記事を読み実践することで得られるもの

ごきげんよう、ウエノだ。この記事を読み実践することで、

  1. ナンパ師(即系・中星マインド問わず)にとって一番重要な規定である、強制性交等罪の知識と、それによる刑罰を受けないためのApple Watchによるリスクマネジメント方法が身につく
  2. 法の本質、リスクマネジメントの要点が理解でき、ナンパ以外でも、人生全般を通して法的トラブルに巻き込まれる心配がなくなる

では、さっそく、強制性交等罪から見ていこう。

強制性交等罪とは

条文

以下、刑法177条を引用する。

「十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。」

「性交等」

性交等とは、まん子、アナル、口にペニスを入れる行為であって、性別や射精の有無は問わない。一部でも入れれば成立する。

「暴行または脅迫を用いて」

強制性交等罪から逃れるためには、「暴行または脅迫を用いて」性交等をしたのではなく、相手との合意によってしたのだと証明できることが大切である。

具体的な方法については後で述べる。

執行猶予

執行猶予が認められれば、一定期間刑の執行が猶予され、その期間犯罪を犯さずに過ごすと刑務所に入らなくて済む。執行猶予を付けることができるのは3年以下の懲役である。

ところが、本罪は5年以上の懲役である。だから、執行猶予が付かないと思われるかもしれないが、実はそうではない。

情状酌量などで減刑されれば、2年半以上からの懲役となるので、執行猶予を付けることが可能になる。

減刑されるかどうかの判断には、結果の重大性・行為の悪質性などが考慮されるが、逮捕後にできることとして重要なのは相手方と「示談」を成立させることである。

示談

示談とは、簡単に言ってしまえば、話し合って許してもらうことである。

加害者が被害者に対して示談金を支払い謝罪することで、示談の申し出を受け入れてもらう形式が一般的である。

示談の成立は減刑の理由の一つとして認められるし、示談が成立していればそもそも検察が不起訴(裁判にせず釈放)にする可能性もある。

このように、示談の成立は刑務所にぶち込まれないために非常に大切なのであるが、示談を成立させること及び、法的に有効かつ効果的な示談書を作成することは、権威性と法的知識がない素人には非常に難しい。弁護士の力を借りる必要がある。

弁護士による支援の必要性

上記のように、示談の成立には弁護士の力が必要不可欠なのだが、弁護士がしてくれることはそれだけでない。

いきなり逮捕されて不安でいっぱいな君は、警察の連日に渡る厳しい取り調べで、やってないこともやったと言うよう誘導され、それを「調書」という書面にとられてしまうということが起こる。

その調書は裁判で有罪の重要な証拠になってしまう。非常によくあるパターンである。

だから、そんな不利な状況にならないために、逮捕後は一刻も早く弁護士という法律のエキスパートを味方につけ、総合的な法的バックアップを受ける必要がある

弁護士は、

  • 取り調べにおける対応のアドバイス、不当な取り調べがないかチェック、もしあれば抗議
  • 今後の刑事手続きの見通しの説明
  • 示談の早期成立に向け動く
  • 外部との連絡の取りつぎ

など、動いてくれる。孤立無援で敵の陣地の真っただ中にいる君を救い出す最強の援軍。それが弁護士だと覚えておこう。

補足説明:示談金0円、弁護士費用0円で釈放される方法

「金を払って示談を成立させた方がいい」というのは、君が本当に強制性交をしていたり、これから詳しく述べるリスクヘッジをしてなかった場合の話である。

しかし、ホントは強制性交なんかしていないことが多いことはわかっている。ギラにさんのケースのように、

示談金目的の女にハメられた場合などである。

引用元:『あの日、俺は逮捕された』(ギラ兄さんのnote)

この場合、女を逆に告訴することで、何百万もの示談金を支払わずに釈放される方法がある。

また、今は昔よりかなり無料の弁護士サポート制度が充実していて、何十万何百万もの弁護士費用も払わなくても済む場合がある。

ギラ兄さんが知っていれば、自分を救えた方法。

詳しくは、有料コンテンツの「最強の援軍」に書いておいたから、見てみてくれ。

Apple Watchを使った強制性交等罪のリスクヘッジ


上記のように、強制性交等罪から免れるには、合意による性交等であったと証明できるようにすることが重要である。

つまり、裁判にするか否かを決めることができる検察官や、有罪にするかどうかを決めることができる裁判官が「お互いが合意の上でSEXしても不自然じゃないよね」と思わえるような関係性を築いたうえ、その関係性を物理的な証拠として残しておくのである。

電話の全音声

電話の音声はすべて残しておこう。

中星マインドのスタンダードスタイルは、アポ日までの電話によって、信頼関係構築から口説きによるラブラブまで完了させてしまうものである。

だから、その過程の電話が残っていれば、合意SEXすることは自然であるという評価に至りやすい。

ところが、即だとこれができない。即の危険性はここにある。

残念ながら、検察官や裁判官は「女性が会った男とその日のうちにSEXすることを承諾するなんて不自然だ」という思考回路をしているのである。

初回アポ時の音声

アポの過程すべてを録音しておこう。

アポ時の信頼関係構築から口説きによるラブラブなやり取りの過程は、合意SEXの自然性を基礎づける。

即ではここはできるかもしれないが、当日会った女とその日にSEXすることは、どうしても「無理やり感・強引感」を完全に払しょくできないことは意識しておいた方がいい。

ホテル打診・ヨネスケ打診をしてそれが通り、一緒にINする様子は録音しておきたい。

なお、自宅への直家はお勧めしない。法的請求や捜査に必要な住所を知られてしまうし、自宅に無理やり連れ込んだという評価に繋がる恐れがあるからだ。

次回アポ以降であれば、関係性が深まっているので危険性は低下する。

初回SEX時の音声を録音

ラブラブSEXの過程をすべて録音するのだが、

「○○くんのおちんちん入れて」のように、相手からチン子を求めさせ、それを録音するのは最も大事だ。

これを言わせるには信頼関係があることを前提として、丁寧な前戯をして、ちゃんと女性の興奮を高めてあげることが必要だ。

インスタントSEXを志向するような即ではここでも難易度が高いな。

とにかく、即でも準即でも、パワーギラ・乱暴なSEXはもってのほかである。

女を大切に扱う充実したSEXができれば、上記のフレーズにより合意の証拠を残せるし、女の恨みを買って告訴されるような危険性は低下する。

SEXを楽しむためだけでなく、リスクヘッジの観点からもSEXの勉強は必須である。

女性が恥ずかしがっているなどで、「入れて」は言わせられないこともあるかもしれない。その場合は、「入れるよ」と言って、相手に「うん」と言わせ、それを録音しよう。

なお、酒を飲ませればエロくなるからヤリやすくなるし、上記フレーズ言ってくれだろうという考えは非常に危険だ。

酒を飲ませて相手の判断能力を低下させ、「抵抗することが不可能又は極めて困難な状態」で性交等をすると、準強制性交等罪(刑法178条)が成立する可能性がある。RNAメンバーはこれをやって捕まった。

酒は使わないか、使ったとしても泥酔するまで飲ませてはいけない。

最強のリスクヘッジ3つの法則

①等価交換

相手を傷つければ自分も傷つく(マイナスエネルギーの交換)

一方のみが利益を得、他方が傷つき損をするアンバランスな関係を作ってしまった場合、利益を得たものは復讐を受ける。

即画上げの危険性について解説した動画は見てくれただろうか。

不法行為責任を負ったり各種刑罰が下るのは、自分はやって気持ちよかったのに、相手は見られたくない姿を公衆にバラまかれて傷ついたときだったよな。

強制性交も同じ。本当に無理やり犯した場合もそうだが、そうでなくても乱暴に扱ったりやり捨てをすれば、相手を傷つけ、その怒りのエネルギーは被害届や告訴として自分に返ってくる。

法は、価値のアンバランスを正すために発動するのだ。民事では「損害賠償請求」刑事では「刑罰」。

俺はこれまで12年間を通して法律に向き合ってきたが、例外はない。どんな分野の法律でも一緒。法はアンバランスを是正するために発動する。天秤を常に均衡に保とうとするのだ。

だから、法による裁きを受けないようにするには、アンバランスの状態を作らなければいい。

相手を傷つけないように、丁寧に大切に扱うこと。

相手を傷つけなければ法は働かない。

相手を悦ばせればこちらも喜ぶ(プラスのエネルギーの交換)

逆に、相手にハピネス(価値)をあたえれば、相手は嬉しくなってこちらに価値をお返ししてくる。100%じゃないがな。

自分の価値提供行為は返報の必要条件。価値をもらうためになくてはならないもの。

これにより十分条件として返ってくる価値が、SEX(身体)だったりとか、貢がせだと思ってくれ。

俺は、T講習にフルコミットするため、ケータイやApple Watch貢がせた姫全員を電話して切ったのだが、返せなんて言われなかったし、トラブルの「ト」の字も出てこない。

Apple Watchなんか貢がせてから1週間後に姫を電話で切ったのに、「そのままでいいよ」と言ってくれた。

これは相手にしっかりと価値提供をして楽しませ、その対価として貢がせをしたからなのだ。

Apple Watchとハピネスで天秤が釣り合って(もしくはApple Watchは俺のハピネスに対する価値として不足していて)、不満がないんだな。

結局

結局,リスクマネジメントで大事なことって、「相手が嫌がることをやらない」「いいことをすれば返ってくる」。つまり、因果応報、等価交換、価値の等価性だ。

だから、こっちが相手を傷つけず、逆に相手に価値を与えているかぎり、トラブルになることは基本的にない。

法律を知っているとか関係ない。法律を知らなくても、価値の等価性を保っている限り、トラブルを避けることができるのだ。

法律って様々な場面での価値交換の中で守るべき最低ラインを目に見える形で文章にしたものにすぎない。

これが、俺が法律を12年間学んで到達した法の本質である。

価値の等価性、これさえしっておけば、大抵のことは何とかなってしまう。

等価交換では解決できない場合~②法律と③証拠の出番!~

だが、世の中そんなに簡単にはいかない。

ナンパ師として未熟で価値提供の技術・認識が甘かったり、そもそも時間的・物理的に価値提供が難しい場合(即系)がある。

こういう場合、相手にマイナスエネルギーを与えてしまう恐れが高いので、リスクが高い。

しかし、法律っていうのは、価値交換の中で最低限守らなければいけないラインを文章で表したものなので、法律を知れば、「こういう事やるのはだめなんだな」っていうことが明確にわかり、その通りに行動していれば、とりあえず極端なマイナスエネルギーを発することは避けれて、お金を請求されたり捕まることはない。

そんで、適法行為である証拠をApple Watchに残しておく。いちゃもんつけられたら証拠を見せて堂々としていればいい。

音声を聞き直したり添削してもらえば技術の向上にもつなげられる。そうすれば、徐々にプラスのエネルギーを与えられるようになっていき、相手からの価値を受け取れるようになる。

また、この世には、美人局(つつもたせ)というというものが存在する。

美人局とは、価値交換とか関係なく、最初からこっちの金を奪いに来ることを目的とするゆすり女である。

ヤッた後夫(らしき男)がでてきて、「不倫したな。警察に突き出す」とか脅かして金を払わせる。

美人局にいくら価値提供とかいっても、最初から奪いに来るつもりなんだがから、トラブルになることは避けられない。

しかし、美人局も法律知識と証拠で退散させることができる。

美人局は詐欺罪や恐喝罪になるので、後ろめたいのはあっちであるのだから(不倫は犯罪ゃない。民事で責任を負うことがあるが、相手の婚姻関係が破綻してた場合はその責任を免れる)、その様子をApple Watchで録音しておけばいい。

そんで、「110番する」といって実際にすればすぐ退散するだろう。

※美人局は主導権を握りたがる。アポ場所指定してきたり、ホテルに誘ってきたり、「ほんとに俺ってあいつにここまで価値提供したのかな」っていう不信感が湧いたらすぐに切ろう。

このように自分が未熟であったり、価値提供をしにくい状況にある場合であったり、悪人と絡む可能性がある場合に、②法律知識や③Apple Watchによる証拠残しが必要になってくるのだ。

3つの法則を番ゲ(職質に遭いやすい人)に応用すると…

以上、最強のリスクヘッジ3つの法則、①等価交換、②法律知識、③証拠・改善をお伝えしてきた。

ここで、この理論を番ゲに応用してみよう。

なんだか自分は職質に遭いやすいなあ

と思っている人はいないだろうか。

そういう人は、職質対応に時間を割かれるだけでなく、1回1回の声掛けの質も悪いので番ゲ数が伸びない。何を隠そう俺もそうだったからよくわかる。

どうしてこういう人が出るかといえば、上記①「等価性」という観点から説明できる。

つまり、マイナスエネルギーを発していて、プラスのエネルギーを与えられてないのだ。

警察に通報するという行動を起こさせる「不審者感・不快感」というマイナスのエネルギーを周囲に与えてしまっているのである。そのマイナスのエネルギーが職質という形で返ってきただけなのだ。

そんで、そのような不審者感ある者の声掛けで、相手の女性は気持ちよくなってくれるはずはなく、相手にプラスのエネルギーを与えられてないから、LINEという相手のプラスのエネルギーも受け取れてないのである。

こういう人がやるべきことは、

②まず最低ラインの法律をしっかり知ってそれを遵守するようにすることである。

③そんで、その声掛けを録音し、検証して改善してハピネスを与えてられるようにしていけばいい。

適法な声掛けをしているのに職質されたら、録音を開始しよう。犯罪に関係ないことが明らかなのに職質を継続することは違法な職質になる。

法律という最低ラインを守るきみの不器用な努力は、権利として保護される。

ハピネスを与えられるよになるまで改善を継続すればいい。そのころには職質とはおさらばだ。

俺は今わざと職質に遭おうと思っても遭えないくらいになってる。みんなもそうなれる。

補足説明
このような声掛けにおける①価値交換、②法律順守、③証拠・改善という理論に基づく『ステルス声掛けマニュアル』が、ついに完成した!

これを読んで実践すれば、逮捕される心配はなくなるし、不快感・不審者感を低減して職質遭遇率を極端に減らすことができる。

職質に悩んでる人、ハピネス声掛けがなかなかできない人はチェックしてくれ!

最後に

いかがだっただろうか。

今までの話をまとめると、

  1. 価値の等価性を意識して、価値提供すること
  2. それができるか不安な場合、その分野の法律をしっかり学び法的武装をすること
  3. 2に合わせて、法律を守った証拠を残すこと、または相手が法律を守らなかった証拠を残すこと。
    そして、1ができるように改善を繰り返すこと

これが、法律を12年間学んだ俺が到達した、最強のリスクヘッジ3つの法則である。

ウエノ
ウエノ
ぜひ、自分なりに咀嚼して、今後の人生で法的なトラブルを起こして詰むことがないよう、自分の目的に向かって真っすぐすすんでくれ!

以上!