百選判例おかしいの批判

百選判例おかしいの批判

【伝聞と非伝聞の区別を図で完全マスター】「しゃ罪といしゃ料」共謀メモを非伝聞とした東京高裁昭和58年1月27日に不同意を突きつけよう!

オス!ウエノだ! 東京高裁昭和58年1月27日判決を批判する。 本記事を読めば、 精神異常の推認と、精神状態の供述の違いって何? 精神状態の供述の叙述分の「関連性」「真摯性」って何?自然的関連性?法律的関連性の問題なのに…

百選判例おかしいの批判

【なぜ法定地上権は許されるのか?】法定地上権を土地共有の場合に成立させない最判平成6年12月20日を批判して明らかにする!

最判平成6年12月20日を批判する。 本判決の問題点を見抜くには、法定地上権の根拠(なぜ必要なのか、なぜ許容されるのか)を骨の髄まで染み込ませておくことが大事である。 この根本を押さえておけば、本記事判例だけでなく、法定…

百選判例おかしいの批判

抵当権の物上代位による差押えを債権譲渡に優先させやがった最判平成10年1月30日判決をコキおろして【物上代位の判例を一掃】しよう!

最判平成10年1月30日判決を批判する。 これと関連付けて他の重要判例も網羅しており、かつそれを筋の通った一本の論理で整理しているので、本記事1本でややこしい物上代位はバッチリだ! 事案(説明の便宜のため、簡略化) 本件…

百選判例おかしいの批判

【付随的制約って何?】猿払事件(最判昭和49年11月6日)の間違いをハッキリ理解しよう!

突然だが、憲法で、「付随的制約」って言葉がでてくるが、ちゃんと理解できている自信はあるかい? ギクッとした方は、択一で出たら間違える可能性があるし、論文試験では問われたとき書けないだろう。 付随的制約は、 という特徴を有…

百選判例おかしいの批判

【V.S胎児傷害致死】法定的符合説の拡張しすぎ問題を処断する!(最判昭和63年2月29日)

最判昭和63年2月29日 熊本水俣病事件を批判する。 事案(熊本水俣病事件) 被告人らは業務上の過失により、有害物質を含む工場排水を工場外に排出していた。 被害者Aは胎児段階において、母親が有害物質により汚染された魚介類…