【プロセスを生きる】恐怖の報酬(無料)

オス!ウエノだ!

楽しく、学びがあるアマプラ映画をどしどしシェアしていくな!

俺と一緒に、「この映画ではどんな教訓が隠れているのか」考えて思考力を高めていこう!

ウエノ
ウエノ
俺の意見は一つの考え方にすぎないから、コメントでみんなの考えも聞かせてもらい、さまざまな角度から「法則」を浮き彫りにしていきたい。

一緒に楽しんで学んでこう!

Amazonプライム会員だと無料で観れるものが多いから、登録がまだの方は済ませておこう(リンク先の「プライム」をクリックまたはタップ)↓

初回登録者は必ず30日間の無料体験が付与されており、料金の支払いが始まる前にすべてのサービスを実際に利用できる。

さて、今日のお話は…

ベネズエラの油田で火事が発生。
消火にニトロを使うことになり、食い詰めた4人の男が金欲しさに志願する。
少しの振動でも大爆発だからトラックでの山道運搬は死と隣り合わせ。

戦後フランス映画を代表するサスペンス映画の名作(1953年制作)。

主人公のマリオは、マッチョで、若く、金を稼ぐバイタリティも高い、「強い」男。

たしかに、その強さはカッコいいんだが、金のために仲間の身を危険にさらしてしまう危うさを持つ。

トラックで仲間の足を轢いても、ニトロを届け莫大な報酬を得るために、前進し続ける。

泥沼にハマったり、道をふさぐ巨石をニトロを使った爆破したりしながら様々な困難を乗り越え、結局ゴールして報酬はもらう。

のだが、その過程で失った「人間らしさ」は彼に相応の罰を与える

ウエノ
ウエノ
結果それ自体でなく、その「実現の仕方」が大事なんだな。

つまり、人と共に生きる人間として、正しい道を歩むこと。

それが持続可能な成功をもたらすし、なによりそれが、「本当に欲しかったもの」なのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)